いのちと向き合ういちにち。

  • 2017.04.27 Thursday
  • 00:47


ただいま。


フェイスブックに浮気して、笑

放置していたこのブログ。

再開してみます。


この間、実にいろいろなことがありました。


1年前の今日は、魂の抜けた母の亡骸を、空へ見送った日。


7年前の今日は、新たな生命を我が家へ迎えた日。


出会いと別れ。

自然の営みの中で、生かされている今と向き合う、4/27という日。


思うがままに、生きよう。


  • 0
    • -
    • -
    • -

    『100万人の母たち 七夕プロジェクト』

    • 2013.07.02 Tuesday
    • 13:23

    わぉわぉ。
    2013年書き初めから、半年以上ぶりの更新です。
    しみじみと時が経つのは早いな〜と。。。。

    でも、この半年を振り返りつつ、
    年初の目標通りに、今年は旅する年のようです。

    1月に水俣病事件を学びに行くツアーに参加。
    あらためて、私の知らなかった、知ろうとしなかったところで「事件」は今も進行形で続いていて…
    また取り組みたい課題が増えました。

    3月末から4月あたまにかけては、
    おいで福岡プロジェクトで共に活動しているののこちゃんたかみちゃんとともに
    熊本〜宮崎〜鹿児島の100人の母キャラバンツアーへ。
    九州各地でたくましく生きるお母ちゃんたちの暮らしそのもの、子育て、つながり…
    たくさんのことにインスパイアされる旅でした。
    この、キャラバンツアーを通して紡いだメッセージ

    4月は圭さんの小学校入学。
    5月末の運動会も無事終わり、
    緊張と疲れで荒れまくった6月も乗り越え(圭さんが、ですよ)、
    あっという間の7月。
    すぐに夏休みが待っている・・・(;一_一)

    さて、そんな7月。
    今週末はこれです。7月6日、7日で、何年ぶり?の東京に行きます。
    会いたい人いっぱいいるな。会えるかな。

    100万人の母たち 七夕プロジェクト

    7月6日18:00 カフェスローにて前夜祭!
    7月7日11:00 首相官邸前に集合!



    『100万人の母たち 七夕プロジェクト〜首相に願いを〜』

    〜7/7 首相に脱原発、脱被ばくの願いを届けるプロジェクト〜

    子どもを守りたい人、脱原発、脱被ばくを願う人、全国から集まりましょう。
    ... 七夕の日、首相(官邸)に、願いを書いた短冊をとどけに行きましょう。

    「100人の母たち」というのは一人ひとりのいのちを守りたいという母性の象徴です。
     母でなくてもいいですし、男でも子どもでもいいのです。
     世界中から願いを集めましょう。

    七夕は、天の川を越えて、織姫と彦星が出会う日です。
    いろんな枠や壁を越えて、これまで離れ離れになっていた女性性と男性性の出会い直しを始めましょう。
    いのちや平和や未来の子どもたちのために、日本中・世界中の市民がつながり、わたしたち自身による暮らしと文化と政治を取り戻すムーブメントを起こしましょう。

    攻撃的、批判的なメッセージを届けるのではなく、あくまで文化的、創造的なアクションにしましょう。
    脱原発、脱被ばくを願って。

    2013年、書き初め。

    • 2013.01.11 Friday
    • 17:04
    毎度のことながら、すっかりご無沙汰していますブログ更新。
    12月も書けないまま、年が明けてしまいました。

    ひとまず、明けましておめでとうございます。
    家族一同、元気にやっています。

    年末年始は例の如く、旦那実家に帰り、
    12/30 餅つき
    12/31 正月準備
    1/1 田中家集合
    1/2 杉原家集合
    と、いつもと変わらない賑やかなお正月でした。

    今回はそのまま鹿児島の実家には帰らず、母子で熊本〜大分の友を訪ねて旅へ。
    いやー、最高に愉しかったです!!

    1/4 福岡⇒熊本 大津の友人宅に泊まり
    1/5 大津⇒阿蘇⇒黒川⇒南小国 熊本の先輩母子と 農家民泊 畑暦に泊まり
    1/6 南小国⇒玖珠 幼なじみ宅に寄り、帰福。









    自然が持つ癒しのパワーをたーーっぷり、もらいました。

    今年は、子どもたちとたくさん旅に出たいな。
    今まで行けなかったところに行きたいな。
    とりあえず九州全県めぐりたいです^^


    脱原発の活動も、もちろん。
    おいで福岡プロジェクトは、これからもずっと続けていかなきゃいけない活動だと思ってます。

    社会のことや、世界のことに目を向けながら、
    でもやっぱり向き合っていくべきは、家庭であり、パートナーであり、子どもたち。

    色んな言い訳をして、心の中で逃げてきたことに、向き合う年になりそうです。

    全ては、私自身が、日々をゴキゲンに暮らすための課題。
    世界平和は家庭平和から。

    新しい年、つながるみんなへ幸せが降り注ぐ年になりますように。
    今年もどうぞよろしくお願いします!


    さて、今日からまた旅!笑

    JUGEMテーマ:旅行
     

    今、世界で起こっていること

    • 2012.11.19 Monday
    • 12:44
    3.11以降、強く強く感じていること。

    TVニュースや、新聞では伝わらないことが、たくさんあります。
    むしろ、捻じ曲げて伝えられていることが、たくさんたくさん、あります。

    情報は、ぜひ、自分で探し求めてください。
    それができる時代です。

    http://illcomm.exblog.jp/


    世界に、一瞬でもいい、
    生きるものすべてに、しあわせな時間が
    おとずれますように・・・

    そんな時間が増えていきますように。


    JUGEMテーマ:幸せ
     

    ムラ旅の秋!

    • 2012.09.30 Sunday
    • 16:02
    9月22日土曜。快晴。
    すいとー小石原主催のイベント「食と陶の体験」秋の稲刈り編に参加しました。


    黄金色の田んぼ。
    大好きな小石原。

    ムラの景色、空気。美しいな〜〜


    去年に引き続き、連続2回目の稲刈りとなると、結さんはさすがの手つき。
    田んぼの中に迷路を作りながら刈るという、遊び心はこれまたさすが。


    圭さんもなんとか。


    快はちょこまかと。



    お昼は地元のおばちゃんたちの手作りごはん。

    子どもたちにはそうめん流しも用意されていて、わーーわーーきゃーーきゃーーと大騒ぎ。


    「次、何が流れてくる?!?!」
    そうめん以外にも、なんだか面白いものが流れてくるんだよね〜〜


    昼食後は、陶芸チームと散策チームに分かれて活動。
    私は散策へ。

    竹の棚田。
    こちらも稲刈り最盛期でした。


    夜はお楽しみのほうしゅ楽舎泊まり。
    ほうしゅ楽舎⇒http://toho.main.jp/housyu-gakusya.html



    なぜか、夜も朝もトランプ大会(笑)

    今回もまた、ゆっくりのんびりさせてもらいました。
    管理人のOつぼさん、いつもありがとうございます。深謝。


    (やっと全員の顔がかぶらずに撮れた奇跡の一枚!!ヤスイ父撮影。ありがとう)


    JUGEMテーマ:幸せ
     

    壱岐壱岐ツアー2012

    • 2012.08.28 Tuesday
    • 13:18
    残暑厳しい夏、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
    台風の影響か、今日は暴風吹きまくりの福岡です。

    日中はまだまだ暑い暑いといいながらも、夏がフェードアウトしている気配を感じます。
    暦の上では秋ですもんね。時の流れは速い!


    結&圭は夏休み中、鹿児島のじぃじばぁば宅に子どもだけで8連泊のお泊まりをしたり、佐賀のじぃちゃんばぁちゃん宅に1週間、その間も海・川・プールと水遊びを満喫。
    それはもう、いい色にこんがりちゃんずです。

    快も「コワイ〜〜」と泣いていた海への恐怖を乗り越え、波を楽しめるようになりました。
    お姉たちの多大なる影響を受け、いたずらっ子のおしゃべりくんに成長しています。

    そんなこんなでブログはちっとも更新していませんが、暑い夏をそこそこ愉しんだ我が家です。

    さらに、夏休み最後のとっておきの想い出作りにと、去年に引き続き保育園つながりメンバーでの壱岐ツアーを開催。

    去年は3家族だったのが、今年は噂が広まり(笑)7家族で行くことになりました。24名の大所帯。
    これだけ集まれば、行先はどこでも十分愉しめる気がしますが〜〜

    でもやっぱり、壱岐の海は美しかった!!


    いきなり埋められているS父ちゃん。


    逃げ足の速い娘っ子たち…
    あっという間に遠くへ行ってしまいます…。


    快はお盆前、糸島の海で波を克服したかと思いきや、台風前のちょっと大きめの波に再び恐怖心が…。早々にリタイヤし、シャボン玉遊び。

    「みてみて〜〜かいくん、しゃろんまな(しゃぼんだま)、じょうずとよ〜〜」


    「ぎゃはははは!!!」


    父を攻撃!
    (よい子は真似してはいけません)


    ついに、父を撃退!!笑

    快2歳、シャボン玉がすっかり上手になった夏です。


    大人も子どももたっぷり海で遊んで、お昼を過ぎるとだいぶ風も波も強くなってきました。
    台風15号接近中。。。


    山の方にあるお宿では、風の影響もあまりなく、外でBBQを楽しみました。




    採れたて新鮮お野菜たっぷり、なにより美味しい〜〜


    夕日眺めつつ、ビア。最高。
    夜の宴は続くのでした。。。



    ・・・・・・・・

    男子が楽しみにしていたクワガタ捕りは、夜はヘビが出るかもということで、翌朝早朝にお預けになりましたが、ちゃ〜んと早起きして、収穫収穫!


    よかったね!

    小2ともなると、男女の行動パターンの違いがくっきり、はっきり。
    見ていて興味深い。
    こんな旅は何歳まで続けられるのかな。


    二日目は勝本の朝市&ぶらぶらの予定でしたが、台風の影響で予定していた高速船が欠航。。
    急きょ早めのフェリーで帰ることになり、バタバタと壱岐をあとにしました。

    勝本さるくも、猿岩も、博物館も、また次回へお預け。

    でも、意外とフェリーの旅もいろんな意味で面白かった。
    ね、みんな?

    来年はどんなプランにするかな。
    今から楽しみです。


    ・・・・・・・・・・・
    以下、次回のための備忘録。

    船とレンタカー手配・・・「旅のオアシス
    宿・・・「明るい農村

    行き8/26(日) 博多港8:00⇒郷ノ浦9:10 (高速船)
    帰り8/27(月) 郷ノ浦14:15⇒博多港15:25 (高速船)
             (芦辺11:15⇒博多港13:45 フェリーに変更)

    レンタカー利用(10人乗り2台)


    JUGEMテーマ:旅行
     

    星に願いを 核なき世界を

    • 2012.07.07 Saturday
    • 13:35
    ひっさしぶりの更新です。

    今日は七夕。
    先日子どもたちが保育園から七夕の短冊を持ち帰ってきました。

    迷わず、
    「核なき世界が一日も早く実現しますように」
    「世界が平和でありますように」

    いつになく強い想いを込めて書きました。


    でも。
    祈りや願いだけでは想いは届かない。

    毎週金曜に行われている首相官邸前デモ。
    大飯原発再稼働を巡る、現地抗議行動。日本中での抗議行動。
    世界からの再稼働反対メッセージ。
    北九州での瓦礫受け入れへの市民抗議行動。

    想いを伝える。
    語り合う。

    どんな小さなアクションでもいい。

    今こそ、ひとりひとりの「行動」が求められている、そう感じます。


    おそらく日本中が注目している鹿児島県知事選、いよいよ明日7月8日が投開票日。

    鹿児島県の有権者ひとりひとりに、平等に与えられている意思表示のチャンスです。
    間違っても、そのチャンスを自ら放棄することなく、あなたの意志を示してください。

    誰かの犠牲の上でしか成り立たない、いのちの対極にしか存在し得ない原発は、私たちのこれまでの「無関心」が積み重なって生まれた、負の遺産です。

    一日も早く、一刻も早く、負のスパイラルから抜け出せますように。

    福岡からも、新・向原鹿児島県知事の誕生のニュースを心待ちにしています!





    photo by 亀山ののこ



    原発がなくても、電気は足りる。










    JUGEMテーマ:脱原発
     

    沖縄やんばるの旅・初日

    • 2012.03.10 Saturday
    • 23:00
    この記事をようやくUPしている今日は4月17日。
    旅から1ヶ月以上が過ぎて、たけのこをゆでながらの更新です。

    3.11ティダノワ祭に合わせて、お友達の取材にお供する形で沖縄3泊4日の旅に出てきました。
    今回は今まで行ったことのない沖縄本島北部・やんばる、中部・名護を中心に巡りました。

    ますます好きになった沖縄を、備忘録も兼ねて今あらためて振り返ります。


    初日のステイはカナンスローファーム。

    1階がカフェ、2階で宿泊ができます。
    循環農業に取り組む農家さんが営むカフェ&お宿。


    お店の端っこには人懐っこいブタちゃん。
    ここで生まれ、育っているらしい。


    あ、お店の中にもブタちゃん!
    壁は漆喰に貝をあしらったり、自然素材でできています。

    2階へは階段。エコステイ、ですからね。


    予約の時点では洋室にしていたのだけど、子どもたちもいたので広い和室へ泊まることに。
    お部屋ではゴロゴロしている写真しかないので(笑)控えておきます。


    夕飯まで、ちょいと、近場をぐるりと路地裏散策へ。



    (これな〜に?)


    パイナップルの赤ちゃん!
    摘果されてるのかな?
    裏山は一面パイナップル畑でした。


    目の前はビーチ。
    夜はライトアップされるテラス。いい雰囲気。


    貸し切り状態で、ビオワインまで堪能しちゃいました。

    オーナーさんご夫婦は、やんばるの地で新規就農して「塩パイナップル」を作り、カフェを始め、WWOOF(ウーフ)受け入れなども取り組んでいるとか。
    秋田出身の奥さま、移住して10年、経験から語られるお話はとても興味深かったです。

    オーナーさんのおもてなしも、料理も、スロー具合も、全てが「いいね!」なお宿。
    カナンスローファーム、おススメです。

    (つづく)

    JUGEMテーマ:旅行
     

    映像の力

    • 2012.03.07 Wednesday
    • 08:55
    久しぶりの更新です。
    最近はFaceBookで情報発信してばかりで、すっかりブログ滞ってます^^;

    FaceBookアカウントお持ちの方はつながってくださいませ〜。
    https://www.facebook.com/#!/profile.php?id=100002350976629

    twitterでもときどき、ほぼくだらないことを(笑)つぶやきます。
    https://twitter.com/#!/ayuhappyseeds


    さてさて、これらのソーシャルメディア、私は主に情報収集のために使っているのですが、そこでつい先日知ったBBCドキュメンタリーをご紹介します。

    ぐぐっと胸に迫るもの。
    背筋が凍るような臨場感。
    手に汗にぎる緊張感。
    思わず、涙。。。

    「映像のちから」っていうのは、こういうところなんだろうなー。

    ぜひ、観てみてください。

    ●東日本大震災の被災者である子供たちや子をもつ親の証言を通して3.11の津波と原発事故のその後を紹介するBBCドキュメンタリー。
    2012年3月1日放映。




    ●BBC This World 2012 Inside the Meltdown
    東京電力福島第一原子力発電所での事故を巡る迫真の内部映像。作業者への取材。消防の活動。自衛隊ヘリの映像。­管直人の姿。メルトダウンの裏側を描く。





    JUGEMテーマ:2011 地震(東日本大震災)
     

    今日からまた、動きましょう!〜128チェルノブイリハート上映会&トークショーを終えて〜

    • 2012.02.04 Saturday
    • 07:25
    立春を迎えて、寒さの中にも春の兆しが伺えるようになりました。
    みなさま、いかがお過ごしですか?

    ちょうど1週間前、1/28チェルノブイリハート上映会&トークショーを無事終えて、遅くなりましたが、イベントのご報告です。

    当日は午前午後、合わせて400名近くの方にご来場いただきました。
    非常にシビアな、重たい内容のドキュメンタリーに衝撃を受けた方も多かったと想像しますが、ゲストの日登美さん吉良さおりさん長山教授のトークで、厳しい現状の中にも今後の私たちの生き方に希望の光を見つけられるような、前を向いて進んで行けるような、そんなイベントになったと思います。

    関わったスタッフは、ほぼ全員がまだ小さな子どもを持つお母さんたち。
    ただでさえ日々慌ただしい母親業をこなしながらのイベント準備は、決して楽ではありませんでした。

    でも、終わってみて、心から、スタッフとして関われてよかった。ひとりひとりに、出会えてよかった。そう感じられる温かいイベントでした。
    お母さんたちの底力と、このイベントを通しての人と人とのつながりに、あらためて感謝したいと思います。関わってくださったみなさん、本当にありがとうございました。

    今回の関係スタッフのブログもご紹介。
    ●企画を担当した無添加雑貨店アメリ店長 たかみちゃんのブログ
    ●ゲストブッキング担当、フォトグラファー 亀山ののこちゃんのブログ


    今回、足跡を残せたな、と思うのは「今日から動きましょうリスト」の作成。
    ただ、映像を観て悲しみを増幅するよりも、そこを受け止めて、さらには乗り越えて前に進むきっかけにして欲しい。そんなスタッフの想いから、「今日から動きましょうリスト」をスタッフみんなで作りました。A4×4枚の中に、みんなの想いが詰まっています。

    地球のめぐみのHPからダウンロードできますので(なんて親切なんだ)、ぜひ、新たなアクションの一助として広めていただけると嬉しいです。
    ●今日から動きましょうリスト●


    イベントを終えてみて、さぁ、次、私たちは何に向かって動き出すのか。
    これから生きていく未来を、どうクリエイトしていくのか。
    やはり、それが問われていると思います。

    ちょうど昨夜、長女が通っている学童保育の保護者会での学習会で、原発学習会を開催しました。
    当初予定していた内容を変更して、私も関わっているおいで福岡プロジェクトの呼びかけ人、福島からの避難ママ・阿部恵さんにお話を聴く会にしたのですが、これがまたとても有意義な会でした。

    2011年3月11日14時46分。
    まさに地震が起こったその瞬間のお話に始まり、半壊した自宅(新築して2ヶ月。家族で漆喰を塗り、こだわりの詰まった夢のマイホーム)のこと、避難所でのこと、県外への避難。
    そして福岡に避難してきてからの行政の対応。避難してきた先での移住。福島にひとり残ってがんばっている旦那さんのこと。子どもたちの心の変化、低線量被ばくの症状。。家族が分断されている苦しみ。原発さえなかったら、という想い。夢だったらいいのに。

    挙げればキリがないくらい、たくさんの苦しみや悲しみを抱えながら、それでも「生きていくしかない」と語る彼女の姿に、みんなが涙していました。
    同じ苦しみをもう二度と味わってほしくない、と、彼女は九州各地の色んな脱原発の活動団体から呼ばれては、話をしに行っています。せめて安全な九州にいる自分が、この地でできることを、と。

    彼女の痛みに、寄り添うことはできても、100%を分かち合うことはできないもどかしさ。
    彼女を、原発災害の被災者を癒せることって何なんだろう?何をしたらいい?何ができる?
    話を聴きながら、そんなことを感じている自分がいました。

    やっぱり目指すところは、全原発即時廃炉。残された安全な食材を守ること。
    私たちが、普通に暮らしていくために、最低限必要な環境を守るために。

    いのちを紡いで行くために、残された選択肢はこれしかないよね。

    さぁ、今日も動いていこう。
    今日一日を大切に生きよう。


    JUGEMテーマ:脱原発
     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

      

    東北関東大震災 緊急支援クリック募金

    クリックありがとう。

    イーココロ!クリック募金

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM