一定期間更新がないため広告を表示しています

私が所属するバンビの木箱の活動拠点、陽だまりホールにて。
つい先日、田川郡川崎町安宅地区のおばちゃん(お姉さま)方をお迎えして、【川崎町安宅の伝承料理伝授会】を開催しました。

外は雪が舞い、ここ一番の冷え込み。
前日の予報では積雪かも?予定通り開催できるのか…と、当日までどうなるやらわからない企画でしたが、それはそれは賑やかに、愉しい料理会を無事終えることができました。





(↑このお漬物、絶品だったのです!!!私的にはこれが一番美味しかった、笑)

食材はほとんどがおばちゃんたちの地元、川崎産。
「なーんてことはない、料理やけどね〜」と笑いながら、でも新鮮なお野菜たっぷりで、いのちの恵みがあふれる食卓。
一足早くお正月が来たみたい!

料理を作りながら、食べながら、
お料理のコツ、おばちゃんたちの手技、昔の暮らしのことや子どものこと、お孫さんのこと。
たくさん話をしました。


「一緒に料理を作り上げる」「共に味わう」体験を共有する。
これって実は、五感をフルに使うだけでなく、コミュニケーション力も養われる体験。

今回来てくださったの安宅のおばちゃんたちは、地元の廃校を活用した交流センターで普段から子どもたちとの交流の場を持っています。
このおばちゃんたちとふれあえることで、元気になる、刺激を受ける子ども・大人たちがたくさんいるんだろうなーー。

おばちゃんたちも「たまには町に出てくるのも楽しいね〜」と一段と輝きを増しておりました(笑)


年齢問わず、愉しいマチムラ交流。
今後も積極的に取り組んでいきたいと思います。


今回の取り組みは、雑誌『九州のムラへ行こう』最新号(1/15発売)で紹介されます。
ぜひご覧ください♪


JUGEMテーマ:九州のムラ
 
コメント
毎度宣伝ありがと。

しかし、毎回ですが、
印刷会社への入稿作業を終える
このころになると、
なんか寂しい気持ちになります。
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL