一定期間更新がないため広告を表示しています

ひっさしぶりの更新です。

今日は七夕。
先日子どもたちが保育園から七夕の短冊を持ち帰ってきました。

迷わず、
「核なき世界が一日も早く実現しますように」
「世界が平和でありますように」

いつになく強い想いを込めて書きました。


でも。
祈りや願いだけでは想いは届かない。

毎週金曜に行われている首相官邸前デモ。
大飯原発再稼働を巡る、現地抗議行動。日本中での抗議行動。
世界からの再稼働反対メッセージ。
北九州での瓦礫受け入れへの市民抗議行動。

想いを伝える。
語り合う。

どんな小さなアクションでもいい。

今こそ、ひとりひとりの「行動」が求められている、そう感じます。


おそらく日本中が注目している鹿児島県知事選、いよいよ明日7月8日が投開票日。

鹿児島県の有権者ひとりひとりに、平等に与えられている意思表示のチャンスです。
間違っても、そのチャンスを自ら放棄することなく、あなたの意志を示してください。

誰かの犠牲の上でしか成り立たない、いのちの対極にしか存在し得ない原発は、私たちのこれまでの「無関心」が積み重なって生まれた、負の遺産です。

一日も早く、一刻も早く、負のスパイラルから抜け出せますように。

福岡からも、新・向原鹿児島県知事の誕生のニュースを心待ちにしています!





photo by 亀山ののこ



原発がなくても、電気は足りる。










JUGEMテーマ:脱原発
 
コメント
それでも日本人は、原発の再稼働を選んだ。
一億総ざんげへの道。動き出したら止まらない。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

意思のあるところに方法はある。(Where there’s a will, there’s a way).
意思のないところに解決法はない。
意思は未来時制の内容であり、日本語には時制がない。
それで、日本人には意思がなく、解決法が見つけられない。
自然鎮火を待つのみか。

耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。
座して死を待つか、それとも腹切りするか。
私の父は、玉砕した。何のお役に立てたのかしら。
安らかに眠ってください。過ちは繰り返しますから、、、、

ああしてこうすりゃこうなると、わかっていながらこうなった、、、、、
12歳のメンタリィティには、知恵の深さが見られない。
わかっちゃいるけど やめられない。ア、ホレ、スイスイ、、、、

白く塗られた黒いオオカミの足を見破ることは難しい。
だます人は悪い人。だまされる人は善良な人。おとり捜査は難しい。
この調子では、人の命はいくつあっても足りるものではない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/




  • by noga
  • 2012/07/07 2:50 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL