一定期間更新がないため広告を表示しています

1日遅れの母の日。

2日遅れの母の誕生日。

友人さっちゃんのブーケと父のコーヒーをお供えする。


今も私の中にあるのは、

病に苦しむ母の不安や心配や葛藤に、心の底から寄り添えなかった過去の私への嘆き。


でも、自分を責めることはしなくなった。

自分にとっての「大切にしたいこと」がみつめられるようになったから。


「ごめんね」と「ありがとう」が絡みあう、母亡きあとの母の日。